高度先進インプラント治療と審美治療に取り組む医療法人

インプラントに関わるトラブルを抱えた患者様などの難症例にも対応しております

大船・湘南台・港北センター南
イオンモール姫路大津・イオンモール姫路リバーシティーにある歯科医院

インプラント

インプラント治療で必要なCTスキャン・インプラント専用オペ室などの
設備と経験豊かなドクターが在籍

HOME > インプラント > 他院でインプラント治療を断られた方へ

他院でインプラント治療を断られた方へ

他院でインプラント治療を断られた方は多くいらっしゃるはずです。「顎の骨が細い」「顎の骨の高さが足りない」「顎の骨がない」など様々な要因で、インプラントの埋入を断られたことと思います。ですが、その判断基準は処置を行う歯科医師のレベルによって異なってくるものなのです。もし、他院でインプラントを断られ、お困りの方はまずご相談ください。

骨が薄い方でも最適な治療法でインプラントを

GBR法(骨再生誘導法)

GBR法(骨再生誘導療法)とは、歯周病等で骨が失われた部位に骨補填材を移植し、骨の再生を図る治療です。
GBR法を行うことで、インプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になります。また、抜歯してすぐに行うインプラントにも、この治療法が応用されます。

ソケットリフト

ソケットリフト上顎の場合、骨が吸収してインプラント埋入のための骨の高さが足りない場合が多くみられます。
ソケットリフト法は、インプラントを埋入する部分から上顎洞粘膜を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入します。骨の密度を高まるので歯槽骨の高さが確保されます。

サイナスリスト法

サイナスリスト法上顎の歯槽骨の上には上顎洞(サイナス)という大きな空洞があります。歯を失うと、この空洞が広がり、上顎にインプラントを埋め込むための骨の厚さ(高さ)が足りない場合があります。
サイナスリフトやソケットリフトは、下部のような場合に行う骨を増やす治療法です。(上顎洞の底を上げる治療法)

スプリットクレスト法

インプラントを埋め込むためには最低でも6~7mm程度の骨が必要なのですが、歯周病による歯の損失が原因で、骨が必要な量よりも痩せてしまいインプラントを埋め込むのが困難なケースがあります。このような場合に骨を増やす治療法です。

Copyright(c) 2014 医療法人社団 徳誠会グループ . All Rights Reserved.

PAGETOP